初めてカラコンを使う時の流れと注意点 | カラコンの使い方


カラコンに興味があるけど迷っている方必見!
初めてカラコンをするときに
知っておきたいことなど
わかりやすく解説しています!

初めてカラコンを使う時の流れと注意点

若い女性を中心にとっても流行っているカラコンですが、きちんとした知識を持って使っているのでしょうか。ここでは、初めてカラコンを使う時に何をすべきかということと、注意点をご紹介したいと思います。

まず、購入前に眼科に行きましょう。眼科でカラコンを使いたいということを伝え、DIA(レンズの直径)、BC(ベースカーブ)P(度数)といった、購入時に必要なデータを測定してもらうことが大切です。

なぜかというと、サイズや度数の合わないものを装着すると目のトラブルが起こりやすくなるので、安全に使用するために、目の診察は必須です。また、初めてカラコンを使う時のお手入れ方法や注意点なども教えてもらえるので、そのような面からも、眼科受診をしてからの購入がお勧めです。

次に、カラコンを実際に取り扱う前にしておくべきことを順に4つ紹介します。

  1. 1.爪を短く切り、ヤスリをかけ滑らかにしておきましょう。カラコンや目に傷をつけ、トラブルが起きてしまわないような爪にしておくためです。

  2. 2.石鹸をつけ手をきれいに洗いましょう。雑菌が付着している手でカラコンを触って装着することにより、目のトラブルの原因になってしまうので、レンズを触る指先は清潔にしておくことが大事です。

  3. 3.製品をチェックしましょう。カラコンに傷などが入っていないか、ゴミは付着していないかをよく確認します。

  4. 4.レンズを洗浄しましょう。

ほとんどの場合、取扱説明書に記載があると思いますが、洗浄液でレンズの表面を20〜30回指でもみ洗いしましょう。洗浄は必ず洗浄液で行い、水道水は使わないでください。

このとき、レンズに傷をつけたりしないよう、優しく、また爪が引っかからないように気をつけてください。そして、もう一度、傷、ほこりの有無をチェックし、それらがなければ、装着準備完了です。

いよいよ装着します。このとき、指は濡れていない方がレンズはつけやすいようです。レンズを利き手人差し指の腹にのせ、傷、汚れなどを再度確認、さらにレンズの裏表も確認します。

利き手中指で装着する目の下まぶたを、反対の手の中指で上まぶたをそれぞれ上下にしっかり開き、目はまっすぐ前を向き、その黒目にゆっくりレンズをのせ、黒目にきちんとレンズがのったかを確認し指を離します。

最後にゆっくり優しくまばたきをします。まばたきは強くするとレンズがずれてしまう恐れがあるので、ゆっくり、優しくがポイントです。

これで、装着完了、カラコンデビューです。

カラコンのメリット
カラコンの注意点
昔のカラコンと今のカラコンの違い イメージ
New!
粗悪品が多く流通して
品質・安全性で不安が多かった
昔のカラコンと比べると今は?

カラコンの装着によるトラブル事例 イメージ
PicKup
使用人口の増加や
使用年齢の低年齢化が進み
トラブルが後を絶ちません…。

カラコンを使うメリット イメージ
Point
お手入れはかなり面倒なはず
それなのに使う人が
増え続けているその理由は何?