カラコンは使い捨て? | カラコンの使い方


カラコンに興味があるけど迷っている方必見!
初めてカラコンをするときに
知っておきたいことなど
わかりやすく解説しています!

カラコンは使い捨て?

カラコンにもいろいろなタイプがあり、全てが使い捨てというわけではありません。基本的に、1日使い捨てのワンデータイプと呼ばれるもの。2週間、1カ月で、2ウィーク、マンスリーと呼ばれ、短期使い捨てといわれるもの。3カ月、1年間と長期使用可能なものがあります。それぞれに向き不向き、長所短所などがあり、一概に使い捨てがお薦めできるというわけではありません。

また、ここで注意してほしいことは、短期使い捨てという言葉に惑わされないでほしいということです。使い捨てといっても、開封から2週間、1カ月の使用が可能というものですから、日ごろのお手入れはきちんとしなければなりません。

2週間、1カ月の間で数回しか使わないのであれば、それはそれで、最低3日に1回は保存液を交換するなどといったことは怠ってはいけないですし、毎日使用、ときどき使用の使用頻度に関わらず、使用後のこすり洗い、定期的なタンパク除去、使用前の洗浄などは欠かしてはいけません。

なぜなら、カラコンは直接目に着けるもの、衛生面に気を付けて、眼病予防や目のトラブルについても注意をはらう必要があるからです。そして、使い捨てといっているからには、その決められた期間で使い捨てるという想定のもと製造されているのです。

それは決して作りが荒いということではなく、例えばワンデー使い捨てタイプだと、薄くて含水率が高く柔らかいので装着感がいいけど、薄い分、変形、破損のリスクは高く、よって、こすり洗いには適していない構造なので1日使ったら捨ててくださいねということなのです。

衛生管理に不安な方や、ときどきしか使わないという方には使い捨てが向いているでしょうが、ほぼ毎日使用するといったような方は長期使用できるタイプがコスト的にもいいようです。

カラコンは、全てのものが使い捨てというわけではありませんので、自分のライフスタイルなどに合わせ、どのようなタイプが良いかをよく考えてみるとよいでしょう。

カラコンのメリット
カラコンの注意点
昔のカラコンと今のカラコンの違い イメージ
New!
粗悪品が多く流通して
品質・安全性で不安が多かった
昔のカラコンと比べると今は?

カラコンの装着によるトラブル事例 イメージ
PicKup
使用人口の増加や
使用年齢の低年齢化が進み
トラブルが後を絶ちません…。

カラコンを使うメリット イメージ
Point
お手入れはかなり面倒なはず
それなのに使う人が
増え続けているその理由は何?