昔のカラコンと今のカラコンの違い | カラコンの使い方


カラコンに興味があるけど迷っている方必見!
初めてカラコンをするときに
知っておきたいことなど
わかりやすく解説しています!

昔のカラコンと今のカラコンの違い

カラコンについてどんなイメージをお持ちですか。あまりいいイメージをお持ちでない方は意外と多いのではないでしょうか。ではなぜ、カラコンに対していいイメージがないのでしょう。

おそらくそれは、昔と今のカラコンの品質・安全性の違いからでしょう。以前、日本においてカラコンの品質基準がなかったころ、度の入っていないカラコンは雑貨として扱われていたため、量販店やネットショップ、小さな雑貨屋さんといったいろいろなところで簡単に購入することができ、そこには価格競争などによって粗悪品が多く流通していました。

その粗悪品や着色部分の色落ちによって、角膜に傷がついた、目に溶けた色素が入って痛い、など目を傷めるようなトラブルが多数起き、ひどいものでは失明してしまうような事例もあり、とても問題になったことがカラコンに対して悪いイメージを持つことになった理由だと考えられます。

しかし、そのような問題をうけ、2009年11月経済産業省と厚生労働省により薬事法の規制対象である高度管理医療機器となりました。カラコンは、雑貨というカテゴリーから、医療機器というものになったわけです。

よって、度の入っているコンタクトレンズと同じように、素材をはじめとした様々な項目について、国が定める安全基準を満たしていなければなりません。現在では、カラコンを製造・輸入するには厚生大臣の承認が必要となり、販売するためには都道府県知事の許可が必要となりました。

このように、規制がひかれたことにより、今では昔のような粗悪品の流通はほとんどなくなり、目のトラブル、問題なども減ったようです。

カラコンのメリット
カラコンの注意点
昔のカラコンと今のカラコンの違い イメージ
New!
粗悪品が多く流通して
品質・安全性で不安が多かった
昔のカラコンと比べると今は?

カラコンの装着によるトラブル事例 イメージ
PicKup
使用人口の増加や
使用年齢の低年齢化が進み
トラブルが後を絶ちません…。

カラコンを使うメリット イメージ
Point
お手入れはかなり面倒なはず
それなのに使う人が
増え続けているその理由は何?