カラコンを購入する際に医師の診断は必要? | カラコンの使い方


カラコンに興味があるけど迷っている方必見!
初めてカラコンをするときに
知っておきたいことなど
わかりやすく解説しています!

カラコンを購入する際に医師の診断は必要?

カラコンって流行っているし、自分もつけてみたいな、でも眼科に行かなきゃ駄目なのかな、なんて考えている方へ。

ズバリ言います。

カラコンを購入する前に、眼科医に診てもらってください。特にコンタクトレンズ自体が初めてという方は、必ず診てもらったほうがいいでしょう。

なぜなら、カラコンを買う際に自分に適したものを選ぶためです。まずはDIA(レンズの直径)、BC(ベースカーブ)、P(度数)などを聞かれてて分からなければ、話になりません。

何だ、そんなことと思うかもしれませんが、カラコンは直接目に触れるもの、とっても大切なことで、だいたいこれくらいと適当に選んで購入するのはとても危険なことです。
DIAが自分の目に対して大きすぎると、角膜を覆う部分も大きいということで、目に負担がかかり、目のトラブル率は高くなってしまいますし、DIAが大きいからといってカラーが入っている直径も大きいわけではないので、ここは注意が必要です。

また、BCが合わないとカラコンがずれたり、痛みの原因になったり、視力の低下につながってしまったりと、やはりトラブルが起こりやすくなります。

Pもメガネの度数とは違いますし、度なしでと考えていたとしても、知っておくことに無駄はありませんから、処方箋を出してもらうのがいいでしょう。

また、涙の量もカラコンを選ぶ際のポイントとなるので、教えてもらうとよいでしょう。
さらに、ほとんどの眼科では、装着方法、装着時の注意、レンズケアの方法などもきちんと教えてくれますので、そのこと一つをとっても、眼科診療をうけたほうがいいといえます。

カラコンは大事な目に装着するもの、医師に適切な判断をしてもらうことをお勧めします。

カラコンのメリット
カラコンの注意点
昔のカラコンと今のカラコンの違い イメージ
New!
粗悪品が多く流通して
品質・安全性で不安が多かった
昔のカラコンと比べると今は?

カラコンの装着によるトラブル事例 イメージ
PicKup
使用人口の増加や
使用年齢の低年齢化が進み
トラブルが後を絶ちません…。

カラコンを使うメリット イメージ
Point
お手入れはかなり面倒なはず
それなのに使う人が
増え続けているその理由は何?